産後 抜ける量

産後の抜け毛はいつからはじまる?

 

出産という大仕事を経験したママたちの、本当の苦労は産後に始まります。数時間おきに続く授乳やおむつ替え。赤ちゃんは多様で、ミルクを飲む子もいれば、なかなか飲まない子もいます。赤ちゃんが数時間おきに起きるので、まとめて睡眠をとることもできません。初めての育児であればなおさらのこと、ママたちの心配や悩みはつきないでしょう。そんなとき、抜け毛の量が増えると、精神的なダメージがさらに大きくなり、大きなストレスを感じます。産後の抜け毛は時期に個人差がありますが、産後直後ではなく、産後2ヶ月くらいの時期から始まります。通常、産後2ヶ月目あたりの時期から女性ホルモンの変化が大きくなります。そのため、抜け毛の量が増えるのです。

 

産後の抜け毛のピークは?

 

抜け毛の量が一番増えるのは、産後3ヶ月から半年の間頃です。なぜこの時期に抜け毛の量が増えるのかというと、妊娠中に女性ホルモンのエストロゲンの量が増加し、産後には分泌量が激減します。エストロゲンには髪の毛の成長を助け、抜けにくくする働きもあります。だから、エストロゲンがたくさん分泌されている間は抜けなかった髪の毛が、エストロゲンの量が減少することでいっきに抜けてしまうのです。このようなエストロゲンの減少が髪の毛に影響してくるのが、産後2ヶ月あたりから、そして産後6ヶ月の時期あたりまで続くのです。

 

産後の抜け毛が収まるのは?

 

人によっては、あまりにも抜け毛の量が多いので「このままだとハゲちゃうんじゃないか」と心配になるママたちは少なくありません。抜け毛の量が増える時期は、産後6ヶ月あたりがピークですから、普通は6ヶ月目を過ぎれば抜け毛は徐々に収まってきます。産後1年ほどで抜け毛が収まる人が多いですが、長い人でも1年半たつと、抜け毛の量が少なくなったと感じられるようになります。もちろん個人差があり、もともとの髪の毛の量、ストレスの大きさ、本来の女性ホルモンの量、体質などによって抜け毛が収まってくる時期は違います。なかには、ほとんど抜け毛がなかったという人もいます。産後の抜け毛は病気ではなく、女性の体にとって自然なことです。あまり気にしすぎると、かえってストレスになり、さらに抜け毛の量が増えたり、抜け毛に悩む時期が長引いたりすることもあるので、あまり悩まず時期的なものと考えておおらかな気持ちでいた方が良いようです。