産後脱毛症

産後脱毛症とは

 

多くの女性は、産後に「産後脱毛症」「分娩後脱毛症」と呼ばれる、産後に抜け毛がひどくなる症状を経験しています。産後脱毛症は、産後の一時的な症状です。たいていは、産後半年から1年ほどで終わり、自然に毛髪量は回復してきますので、それほど深刻になる必要はありません。

 

産後脱毛症になる原因

 

産後脱毛症が起きる原因は、女性ホルモンのバランスの乱れです。妊娠中は、女性ホルモンのエストロゲンが増えていましたが、出産を機にエストロゲンの量が減っていきます。エストロゲンは、抜け毛を防いで髪の毛を健康に保つ役割があるので、妊娠中にエストロゲンが働いている時には抜けなかった髪の毛が、産後にエストロゲンが減少するとき、いっきに抜け毛となってしまうのです。また、慣れない育児や生活環境の変化などのストレス、睡眠不足、栄養不足なども産後脱毛症になる原因と考えられます。

 

最低限に抑えるための予防法

 

出産や育児は女性にとって大変な仕事です。できるだけ周囲に協力してもらい、自分1人で抱え込まないようにしましょう。女性の体はデリケートなので、ストレスを抱えると、自律神経のバランスが崩れてますます抜け毛が増えます。自分をいたわって精神的なストレスを減らすことで、産後脱毛症を予防できます。また、産後間もなくは女性ホルモンの量が減少するので、エストロゲンに似た作用をもつ大豆イソフラボンを積極的に摂取しましょう。そうすれば、抜け毛を抑えることができます。

 

 

産後脱毛症になった場合の対策

 

特に高齢出産の場合は、抜け毛が多くなりがちです。また、体質によっても、産後の抜け毛が多くなる女性がいます。女性用育毛剤や保湿ローションなどを使って、抜け毛対策をしましょう。シャンプーはしっかり洗い流すようにし、頭皮をマッサージしましょう。しっかりと抜け毛ケアすることで、抜け毛を防いで、髪の毛の成長を促進できます。産後は赤ちゃん中心の生活になり、ママたちは睡眠時間を満足にとることができません。抜け毛を防いで発毛を促すには成長ホルモンの働きが欠かせませんが、睡眠のゴールデンタイムと言われる22時〜2時までの間に睡眠をとらないと、成長ホルモンが十分に分泌しません。ママたちにとって、まとまった時間の睡眠をとることは難しいですが、家族にも協力してもらって、できるだけゴールデンタイムに寝て成長ホルモンを分泌させましょう。