産後の抜け毛 ヘアカラー

ヘアカラーで抜け毛がひどくなる?

 

妊娠中は胎児への影響を気にしてヘアカラーを控えるママたちは多いですね。産後、「さあ美容院へ行こう」と思っても、びっくりするくらい抜け毛が増えるので「こんなに抜け毛がひどいのにヘアカラーをして大丈夫なの?」と不安になることも。産後には妊娠中にできなかったおしゃれもしたい。でも、産後にヘアカラーをすると、抜け毛はますますひどくなるのでしょうか。

 

産後は頭皮も敏感

 

産後は、女性ホルモンのバランスが乱れて体質が変わり、肌も頭皮も敏感な状態になっています。また、ホルモンの影響や頭皮の栄養不足、ストレス、睡眠不足などが原因で抜け毛が増えます。頭皮の乾燥や皮脂が増えるトラブルを抱えるママもいます。ヘアカラーの薬剤の刺激は強いものです。産後のデリケートな頭皮に使用すると、かぶれや炎症をおこすことも。薬液の中に入っている過酸化水素という成分が原因で、もともと敏感肌の人は赤く腫れることもあります。抜け毛が増えるだけではなくて、頭皮の健康にも影響が出ることもあるということを覚えておきましょう。

 

ヘアカラーは母乳に影響する

 

母乳育児をしているママにとって心配なのは、ヘアカラーの薬液が母乳に与える影響です。現在のところ、「ヘアカラーの薬液が母乳にまで達することはない」というのが一般的な見解です。でも、それはカラーリング薬液が母乳に悪影響を与えているという医学的根拠がないからです。医学的根拠がないということと、100%安全かというとこれは話が別。まったく大丈夫とは言い切れません。市販のカラーリング剤の中には、妊娠中は使用を控えるようにという記載されているものもあるので、ママの毛穴から吸収された薬液が体内に入り、母乳に影響を及ぼすことだってないとは言えません。

 

ヘアカラーは赤ちゃんに悪影響

 

ヘアカラーの薬液にはPPDという毒性の強い成分が含まれています。これはアナフィラキシーを招くこともある成分です。ですから、もし、市販のカラーリング剤を使って自宅でヘアカラーする場合、赤ちゃんが間違って口にしたり、赤ちゃんの体につくことがないように気をつけましょう。部屋の換気を十分にしてください。できれば、赤ちゃんを実家などに預けて美容院でヘアカラーする方が安全です。また、ヘアカラーした後の髪の毛が赤ちゃんの口に入らないようにも気をつけてください。

 

ヘアカラーをしても良い時期は産後何か月?

 

産後の抜け毛がおさまるのは、産後半年から1年です。つまり、ホルモンバランスが落ち着くのに1年くらいかかるのです。ですから、できれば、ホルモンの状態が元に戻る1年はヘアカラーを控えた方が安心だという見方もあります。