産後抜け毛はなぜ起きる

産後の抜け毛はなぜ起きるのか?

 

出産は女性にとって大きな喜びです。でも、出産を機に抜け毛が増えて悩んでいる人が多いのも事実。

 

産後に抜け毛が増える原因はおもに3つあります。産後の抜け毛を減らすには、原因をしっかり理解して、原因に応じた対策をしていきましょう。

 

産後の抜け毛の原因―女性ホルモンのバランスの乱れ

 

通常のヘアサイクルは、髪の毛が生える成長期、抜ける退行期、新しい毛が生えるまでの休止期間を繰り返します。健康なら、髪の毛が抜けても新しい毛が生え始め、毛量は元に戻ります。ところが、産後は女性ホルモンのバランスが大きく乱れます。妊娠中に分泌されるエストロゲンという女性ホルモンには、子宮を大きくする働きや母乳を出すための乳管を発達させる働きがあります。女性ホルモンのエストロゲンが大量に分泌されることで、出産の準備が整います。エストロゲンの働きはそれだけではなく、髪の毛の成長を促し、健康に保つ働きもあるのです。胎盤が完成されてくる頃、エストロゲンは増えていき、産後は分泌量が減ります。わずか数カ月の間に女性ホルモンのバランスが目まぐるしく変わります。当然、ヘアサイクルも影響を受けます。エストロゲンが産後に急激に減ると、本来は妊娠中に抜けるはずだった髪の毛が一気に抜けます。妊娠中には、エストロゲンの働きが活発なので髪の毛の量が増えますが、産後に女性ホルモン・エストロゲンが減少し、増えた分の髪の毛が抜けて抜け毛が多くなります。

 

産後の抜け毛の原因−出産後のストレス

 

産後、ママの生活は一変します。昼夜を問わず続く授乳とおむつ交換。1人になることができず、夜も満足に寝ることができない。育児や家事に非協力的な夫に対してイライラすることも。赤ちゃんは可愛いけど、ホルモンバランスの乱れと産後の体調の悪さで、体と気持ちのコントロールがうまくいきません。髪の毛の成長には亜鉛が必要ですが、ストレスを感じると、亜鉛の消費が激しくなります。すると、頭皮のように重要でない部分には亜鉛が供給されにくくなります。亜鉛が不足すると髪の生育が悪くなり抜け毛が増えます。また、ストレスは女性ホルモンの乱れにもつながり、ますます抜け毛が増えます。

 

産後の抜け毛の原因−栄養不足

 

産後、ママたちは十分に食事を摂ることさえできません。育児と家事の両立は大変で、ゆっくり座ってごはんを食べることすらできないこともあります。栄養バランスが崩れると、新陳代謝機能が低下します。代謝が落ちると、細胞を作り出すことが難しいので、髪の毛の成長も阻害され、抜け毛が増えます。さらに、栄養不足になると女性ホルモンのエストロゲンを作るために必要な栄養も足らなくなります。結果的に、女性ホルモンのバランスの乱れを助長して抜け毛が増えます。