産後の抜け毛 亜鉛

亜鉛がもたらす髪の毛への効果

 

亜鉛は、新陳代謝や細胞分裂に大きくかかわっている、生命を維持するのに欠かせない必須ミネラルです。産後の抜け毛対策には、亜鉛の摂取が欠かせません。髪の毛はタンパク質でできていますが、亜鉛が十分でないと、食事で摂取したタンパク質を髪の毛にすることができません。また、毛根の細胞は新陳代謝が活発なので、抜け毛が多い時には、亜鉛が不足しています。毛根には亜鉛がたくさん含まれていて、毛根の亜鉛が足らなくなると、髪の毛の成長が遅れ、抜け毛だけでなく切れ毛も多くなります。産後には、特に積極的に摂取したいミネラルです。

 

亜鉛は吸収されにくい?

 

亜鉛は、もともと吸収率がよくありません。また、同時に摂取する物質と結びついて、簡単に体内に排出されてしまう、体内にとどまりにくい成分です。しかも、摂取量が増えれば増えるほど吸収率が下がるというやっかいな特徴をもったミネラルです。産後の抜け毛を改善しようと一生懸命に摂取しても、吸収されなければ意味がありません。

 

亜鉛の効果的な摂取方法

 

産後には、抜け毛を防ぐために効果的に亜鉛を摂取したいものです。多く含まれている食べ物は、牡蠣です。牡蠣2個で1日に必要な摂取量が含まれているほどです。他には、うなぎ、牛肉、乳製品、卵(卵黄)、大豆製品、ナッツ類などに含まれています。亜鉛の吸収率を上げてくれる成分は、クエン酸とビタミンC です。生牡蠣とレモンというのは最善の方法です。産後は忙しく、手の込んだ食事を準備したり、毎回の献立を考えるのも大変です。サプリメントで上手に亜鉛をとりいれましょう。ただし、コーヒー、緑茶、紅茶などに含まれるタンニンという成分は吸収を妨げてしまうので、サプリメントは水かぬるま湯で飲むようにしましょう。また、サプリを飲んだ後に、すぐ緑茶などを飲まないようにしましょう。

 

亜鉛の取り過ぎは逆に抜け毛につながる

 

産後の抜け毛を防ぎたいからといって、亜鉛をたくさん摂取すればよいわけではありません。亜鉛を過剰摂取すると、逆に抜け毛が増えてしまいます。たくさん摂取すると、テストステロンという男性ホルモンの量が増えてしまい、抜け毛が増えます。また過剰摂取すると、マグネシウム、カルシウム、鉄分などのミネラルの吸収が阻害され、それも抜け毛の原因になります。ですから、適量を摂取するようにしましょう。産後の抜け毛予防に効果のある亜鉛の量は、人によって異なります。大切なのは、摂取量よりも摂取の仕方にあります。